1. VRアダルトTOP
  2. オキュラスゴーの情報まとめ!これが現在No.1VRゴーグルだ!

オキュラスゴーの情報まとめ!これが現在No.1VRゴーグルだ!

オキュラスゴー

2017年VR元年と言われた年に数多くのVR機器が発売されました。

2018年現在スマホで楽しめるものからアミューズメント施設のコンテンツとしても利用されるなどの広がりを見せてきたVR(ヴァーチャルリアリティ)技術。

その中で革新的ともいえる変化をもたらしたのがこの『Oculus Goなのです。

もちろんVRエロ動画との相性もバッチリ!これがあれば快適なVRオナニーライフを送れます!

VRクラッシャー
VRオナニーをする上で今までGearVR推しでしたが、オキュラスゴーには敵いません!

関連記事アダルトVRの事がすぐ分かる!仮想現実で最高のセックス体験をする為に知っておきたいこと

Oculus Go(オキュラスゴー)とは?

オキュラスゴー,oculusgo

オキュラスゴーとはOculus社が開発したスタンドアロン型VRヘッドセットで、今までVR普及の妨げになっていた費用の高さを払拭し、2万円台という低価格で販売されました。

低価格だからといってクオリティが落ちているわけでもなく、VR機器の中でも上位に入るほど質の高いVRを楽しむことができる事でも話題になりました。

vrゴーグル,比較

VRクラッシャー
VRエロ動画、VRゲーム、どれをするにしてもオキュラスゴーが一番でした。

従来のVRだと高品質なVR体験をしようと思ったら、機器を購入するのに5万円以上かかったり、PCもハイスペックなものを用意しなければならなかったりと障害が多く存在していました。

お金,パソコン

またスマホなど手軽にVRを体験しても、どうしても画質等に難があったりと問題が山積みでしたが、この「Oculus Go」はそんな問題を全て解決しており、低価格かつ高品質なVRを誰でも楽しむことができるようになりました。

現在、日本ではOculus社の公式サイトからのみ購入可能となっており、
メモリサイズの違う2種類が販売されています。

ストレージ32GB 23,800円
ストレージ64GB 29,800円

オキュラスゴーは本体に搭載されているストレージ内にゲームや映像などを保存する形となっているため、おすすめは大容量の64GBでしょう。
もちろんどちらを選んでも同じVR体験ができるので、個人にあった方を選択するのが一番ですね。

参考:Oculus Go販売サイト

オキュラスゴーのデメリット

さて、オキュラスゴーについて熱く語る前に、
ここがちょっと足りないな…」と思ってしまうデメリットから先にお伝えしましょう。

電池の消耗が早い

オキュラスゴー,バッテリー

オキュラスゴーは充電式の電池で起動しているのですが、満充電状態でもゲームなら2時間、動画やその他の機能なら2時間30分程度しか電池がもちません。

充電しながらでも遊ぶことはできるのですが、ケーブルに繋がれた状態になるので、快適さは薄れてしまうでしょう。

もし外などの充電できない場所での使用となるとかなり制限がついてくるので、注意が必要です。

英語入力しかできない

オキュラスゴー,英語入力

現状ではオキュラスゴー内の入力には英字入力しか対応しておらず、日本語による検索などができません。

もしオキュラスゴー内のストアやサイト検索の際には英字でしか検索できないので、日本語のコンテンツを探すのに少し苦労するかもしれません。

これに関しては今後のアップデート等で修正される可能性もありますが、現状では不便と言わざるをえません。

容量が足りなくなる

容量不足

オキュラスゴーは外部ストレージ機能も存在しておらず、microSDなどを使うことができません。

よって本体のストレージ内でしかゲームや動画を保存できないのです。

公式サイトによれば

64GB ・HD映画7本

・ゲーム20本

・アプリ40本

32GB ・HD映画3本

・ゲーム10本

・アプリ20本

と簡単な目安が表記されています。

これを多いと見るか少ないと見るかは個人の使用方法によって変わると思いますが、後から増やすことができないのは不便かと思われます。

VRクラッシャー
VRオナニーしてるくらいじゃ気にならなかったけど、結構デメリットもあるんだな〜。
VR店長
最初は気にならないけど、長い目で見るとやっぱり64GBがいいと思うよ。

頭の位置検出はできない

ポジショントラッキング

オキュラスゴーにはポジショントラッキング機能がありません。

ポジショントラッキング機能とはVRヘッドセットの位置を検出する機能です。

もし装着者が頭を動かすとVR内でもその位置にカメラ(頭)が動くといったものですが、オキュラスゴーにはその機能が搭載されていないため、定点からのVR映像しか見ることができません。

オキュラスゴーのメリット

ここまで、オキュラスゴーのデメリットについて紹介しました。

中には「こんなデメリットがあるならちょっと気が引けるかも…」と思っている方もいるかもしれませんが、ご安心ください。

オキュラスゴーのメリットはそのデメリットを補って余りある良さを持っているということをここでは紹介していきたいと思います。

度肝を抜かれる臨場感と没入感

オキュラスゴー,臨場感

オキュラスゴーは他のVRゴーグルと違い、PCなどの機器を使用せず、オキュラスゴーのみで動いているのですが、それでも他のVR機器と比べて引けを取らないクオリティを持っています。

もちろん今までハイエンドVRゴーグルと呼ばれるOculus RiftやHTC HIVEなどを持っている方からすれば見劣りはするものの、スマホVRなどを体験したことのある方や今までVRに触れたことのない人からしてみれば、そのクオリティの高さに度肝を抜かれること間違いなしです。

VRの最大の魅力である臨場感と没入感に関してはオキュラスゴーでも最大限体験することができますし、まさに自分がそこにいるかのような感覚も味わうことができるでしょう。

クオリティに見合わない価格の安さ

オキュラスゴー,値段

従来のVR機器を一式購入するには5万円以上かかったりとそこそこに高額な費用がかかっていました。
GearVRのようにゴーグルのみ販売するというケースでも別途専用のスマホが必要だったり、PSVRも別途PS4が必要だったりと使用できるユーザーに制限がありました。

ですが、このオキュラスゴーは2万円台という他のVRゴーグルと比べてかなり安い価格でかつセットアップの際にスマホを使用するだけなので、スマホを持っているユーザーなら誰でもこの一台で楽しむことができます。

またコントローラーとして使用するリモコンも最初から付属していますし、ゲームやアプリに関しても無料でかなり楽しいものが数多く揃っているので、これ一台あれば他には何もいりません。

重量も軽めで付けやす

オキュラスリフト,重量

オキュラスゴーの重量は470gとかなり軽く、着け心地もいいため長時間の使用でもそこまで苦にならないでしょう。

VRの性質上、どうしても目の前方にディスプレイが来るため、重量があるとつけているだけで首や鼻のあたりに負担がかかってくるのですが、オキュラスゴーではそもそもの重量が軽いため、負担はかなり軽減されます。

ヘッドストラップも個人に合わせてきっちりフィットするように作られていますし、鼻に当たる部分にも負担を分散する作りになっています。

メガネユーザーでも問題なし

オキュラスゴー,メガネ

オキュラスゴーには購入時から眼鏡スペーサーというものが付属しています。

これをオキュラスゴーに着けることによって、眼鏡を使用しながらでもオキュラスゴーのVR体験を楽しむことができます。

今までのVRゴーグルでも眼鏡を着けたまま遊ぶことはできたものの、ゴーグルのレンズと眼鏡のレンズが接触したりして、傷が入ったりと少し不便なことがありましたが、オキュラスゴーではそういった心配はありません。

起動も早くてストレスフリー

起動が早い

オキュラスゴーにはPCのようにスリープ機能も搭載されており、スリープ状態にしておけば、一瞬で起動するのでいちいち読み込みの時間を待ったりする必要がありません。

もし「ちょっと時間があるからVR動画でも見よう…」と思ったときでも、オキュラスゴーを装着すれば一瞬でVRの世界に浸ることができます。

このちょっとした時間でも待つことなく手軽にVR体験ができるのもオキュラスゴーの強みですね。

1000を超えるアプリ・ゲームの量

アプリ

オキュラスゴーではゲームやアプリはOculus Storeからダウンロードできるのですが、Oculus Go対応のコンテンツの数はなんと1000以上というかなり充実したラインナップとなっています。

有料のものから無料の物まで幅広く揃えられており、無料のコンテンツを遊ぶだけでも遊びつくせないほどの量が存在しています。

またNetflixやニコニコ動画、Youtube、DMMなど従来の動画コンテンツも楽しむことができるので、例えVR動画以外でもベッドに横になって大画面で動画を楽しんだりといったこともできるのです。

映画館よりも大迫力の臨場感で映画も見ることができますし、さらに自分の好きな体勢で見れるなんて映画好きにはたまらないのではないでしょうか。

スピーカー付きでイヤホンなしでも楽しめる

オキュラスゴー,スピーカー

オキュラスゴーにはゴーグル自体にステレオスピーカーが存在しており、イヤホンをしなくても臨場感のある音も楽しむことができます。

音量調節も可能なので、オキュラスゴー単体でもVRは体験できるのですが、音漏れには注意しましょう。

またイヤホンなどを使いたい方でもイヤホンジャックがオキュラスゴーにありますので、気になる方はそちらを使いましょう。

VRクラッシャー
このスピーカーは本当に凄いと思いました!音もめちゃくちゃ良い!

従来のVRゴーグルやPSVRと比べると…

オキュラスゴーのメリット・デメリットについて紹介してきましたが、次は他のVR機器と比べてどんな点が優れているのかについて紹介していきたいと思います。

今回は

  • 画質
  • VRの臨場感
  • 快適性
  • 価格

の4点に焦点を当てて比較してみました。

VRゴーグルと比べると

vrゴーグル,オキュラスゴー

スタンドアロン型ではないにしても、スマホ一台と2000円ほどのVRゴーグルさえあれば、VRを楽しめるという手軽さが人気のVRゴーグル。

こちらとオキュラスゴーを比較してみました。

画質

VRゴーグルを使用する場合、スマホの解像度によって画質は大きく変わるため、一概には言えませんが、スマホを使用するVRゴーグルの中で最も解像度の高いと言われているGear VRと比べると

Gear VR 解像度 2,560 × 1,440
Oculus Go 解像度 2,560 × 1,440

と同じ解像度を持っています。

「同じなのか…」と思うかもしれませんが、

GearVRに使用されるスマートフォンはサムスン社が開発しているGalaxyシリーズの中でも特にハイスペックなスマホを用意しなければなりません。

そう考えるとオキュラスゴーはかなり最先端の画質を持っていると言っていいでしょう。

VRの臨場感

他のスマホを利用するVRゴーグルと比べると圧倒的にオキュラスゴーの方がVRの臨場感は高いです。

画質についてはGear VRと同じですが、それ以外のスマホVRゴーグルと比べるなら画質に大きな差がありますし、音に関してもスマホVRゴーグルはスマホのイヤホンジャックやスピーカーに依存しなければなりません。

しかしオキュラスゴーには左右にステレオスピーカーがついており、音も3Dで聞くことができるのでかなりリアルな臨場感を楽しめるかと思います。

快適性

快適性についてもオキュラスゴーに軍配が上がるのではないでしょうか。

他のスマホVRゴーグルだとまずスマホを設置するところから始めなければなりませんし、操作するにしても物によっては一度ゴーグルからスマホを外してから操作しなければなりません。

対してオキュラスゴーは被るだけでVRを楽しむことができますし、リモコンもついているので、操作もかなりしやすいものになっています。

価格

オキュラスゴーとVRゴーグル単体で見るとVRゴーグルは2000円~程で買えるのに対し、オキュラスゴーは2万円台と大きな差がありますが、VRゴーグルは前提としてスマホが必要です。

もしハイクオリティなVRを楽しむのであればそれなりにスペックの高いスマホが必要なので、23,800円~のみで高品質なVRが楽しめるオキュラスゴーの方がトータルで見ると安価といえるでしょう。

PSVRと比べると

psvr,オキュラスゴー

次にハイエンドVRヘッドセットの中でも有名なPSVRとオキュラスゴーの比較について紹介したいと思います。

スタンドアロン型のオキュラスゴーとPS4を使用する高性能VRゴーグルのPSVR、この二つにどんな差があるのか気になりますね。

画質

PSVR 解像度1920 × 1080
Oculus Go 解像度2560 x 1440

と画質に関してはなんとオキュラスゴーの方が上という意外な事実。

また他のハイエンドVRヘッドセットのOculus RiftやHTC HIVEと比べてもオキュラスゴーの方が上のようです。

オキュラスゴーの画質は今までの全てのVRヘッドセットの中でもトップクラスの画質を持っているので、かなり良質なVRが楽しめそうですね。

VRの臨場感

画質に関してはオキュラスゴーに軍配が上がったものの、臨場感に関してはPSVRの方が上かと思います。

理由としてはポジショントラッキング機能の有無にあるかと思います。

オキュラスゴーにはこのポジショントラッキング機能が搭載されておらず、定点からの360度視点しか見ることができません。

対してPSVRはカメラによる位置検出が可能なため、装着車が前後左右に動くことでVR内でも動くことができます。

機能自体はちょっとした差かもしれませんが、この機能の有無で臨場感が大きく違ってくるので、この点に関してはPSVRの方が勝っているといえるでしょう。

快適性

快適性に関してはオキュラスゴーの方が上と言えるでしょう。

PSVRは使用する際にはいちいちPS4に接続しなければなりませんし、上記のポジショントラッキング機能があるので、カメラの範囲内でないと使用できないケースもあります。

オキュラスゴーは場所を選ばず、どこでも使用できますし、被るだけでVRが楽しめます。

それにベッドの上だったり、極端な話、電車やカフェの中でも使用できるオキュラスゴーの方が快適性に関しては勝っているのではないでしょうか。

価格

Oculus Go 価格23,800円~
PSVR 価格34,980円~

と価格に関してもオキュラスゴーの方が安価で手に入れやすいです。

ヘッドセットのみ見ても1万円近い差がありますし、

これにもしPS4から揃えると考えると3万円ほど追加で費用がかかるので、

単体で2万円台のオキュラスゴーの方が圧倒的に安いですね。

オキュラスゴーの詳細情報

オキュラスゴーの魅力を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ここからはオキュラスゴーについての詳細な情報について紹介しましょう。

オキュラスゴーのリモコンについて

オキュラスゴー,リモコン

オキュラスゴーには購入時の付属品としてリモコンがついています。

握りこむ形で持つこのリモコンは、左右どちらで持っても問題なく使用できますし、
手にフィットしやすい形となっています。

リモコンにはトリガーボタン、戻るボタン、ホームボタン、タッチパッドとスマホやタブレットを利用している方なら慣れているであろうボタンがあり、動作の際には単三乾電池一本が必要でこちらも最初から付属品として電池一本付属しています。

VR内でもそのリモコンを使用することが多いので、なくさないように注意しましょう。

ホーム画面でできる事

オキュラスゴーを起動したとき、最初はホーム画面が表示されます。

ホーム画面には大きく分けて5つの項目が選択でき、

1.ナビゲーション

〈ホーム〉

ホーム画面に戻る。リモコンについているホームボタンでも同じホーム画面に戻ります。

〈ライブラリ〉

オキュラスゴーに保存したアプリやゲームが表示され、そこから起動することができます。

〈ストア〉

Oculus Storeに接続して、アプリやゲームをダウンロードすることができます。

〈ブラウザ〉

Chromeを起動して、Webブラウザ機能を使用することができます。

〈ギャラリー〉

オキュラスゴー内に保存された写真、動画、360度動画などを閲覧することができます。

〈検索〉

文字入力フォームが表示され、検索を行うことができます。

2.参加者

・プロフィール・友達・グループ・イベント

自身のプロフィール情報やフレンド、グループを閲覧、設定できます。

3.シェア

・ライブ配信を開始・録画・写真を撮る・写真をシェア

ゲーム中のスクリーンショットや動画などを撮ることができ、

それをFacebookなどを通じて他のユーザーとシェアすることができます。

4.お知らせ

公式サイトからのお知らせなどの情報が記載されます。

5.設定

各種設定の確認、変更を行う事ができます。

コミュニケーションツール

コミュニケーションツール

オキュラスゴーで使用できるコミュニケーションツールは色んなものが配信されていますが、その中で人気なのがOculus社が配信している「Oculus Room」です。

これは最大4人まで自身の制作したVRルームに招待して、まるで同じ部屋にいるかのように会話できるというもの。

もちろん自身のアバターや部屋の模様替えなどもできますし、同じ動画や写真を一緒に見たり、ゲームを一緒にやったりと
まさに同じ部屋で遊んでいるかのような体験ができます。

ただの通話やテレビ電話とは違い、まるで横に本人がいるかのような形で会話できるので、ビジネスの会議場として使用されたりと遊び以外の場でも活用されつつある注目のコミュニケーションアプリです。

セットアップはスマホで行う

オキュラスゴー,セットアップ,スマホ

オキュラスゴーは一台でVR体験が行えるスタンドアロン型VRゴーグルですが、購入後、最初の起動にはスマートフォンが必要になります。

スマホにOculusアプリをインストールし、Bluetooth経由でスマホとオキュラスゴーをペアリングしたあと、

  • ■Oculusアカウント、またはFacebookアカウントの認証
  • ■オキュラスゴーのWi-fi設定
  • ■リモコンの設定
  • ■Oculus Store等で使用する支払い方法の設定
  • ■その他オプション設定

など重要な項目の設定を行います。

充電ACアダプターは別売り

ACアダプター

オキュラスゴーには充電用のUSBケーブル(micro USB形状)が付属していますが、そのUSBケーブルとコンセントをつなぐACアダプターは付属していません。

iPhone等のACアダプターでも代用ができるとのことなので、持っている方はそちらを代用して、持っていない方でも1000円以下で購入できるものも多いので、購入しておきましょう。

インターネット環境が必要

インターネット環境

オキュラスゴーは基本的にWi-fiによるインターネット環境が必要不可欠になっています。

アプリやゲームのダウンロードの際にもWi-fiを使用しますし、写真や動画の共有の際にも必要になってきます。

現状では有線でのインターネット接続には対応しておらず、Wi-fiのみ使用可能なため、もしそういった環境がない場合は、そちらも整えておきましょう。

オキュラスゴーで実際にDMMのアダルトVRを体験!感想

今回オキュラスゴーの性能を調べるために、私VR店長が実際にアダルトVRをオキュラスゴーで視聴してみました!

vr店長,オキュラスゴー

まず今までのスマホを挟むVRゴーグルと明らかに違うのは

手軽さ』と『操作性』です!

本体を起動すればすぐに始められる手軽さは、従来のスマホをいちいち挟まないといけないVRゴーグルに比べるとめちゃくちゃストレスフリーになりました!

それと、感度の良いリモコンのお陰でオキュラスゴーを装着してからアダルトVR動画を見るまで、スムーズに行くことができます。

肝心な映像のクオリティは・・

スマホを挟むVRゴーグルとは比べ物になりませんねw

スマホのVRゴーグルで最高峰だと思っていたGear VR(ギアVR)をも超えています!

正直『この操作性とクオリティでこの値段は安い!』と思ってしまいました。

VRでストレスフリーなオナニーをするのにオキュラスゴーは現在最高峰だと私は思っています!

今までのスマホを挟むVRゴーグルは面倒でもう使えませんね。。

まとめ

オキュラスゴーについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

今までのスマホでのVRゴーグルを使用していて「面倒だな」「こんなものか」と幻滅されていた方、気持ちは良く分かります。

しかし、このオキュラスゴーの操作性とクオリティはマジでヤバイです!

アダルトVRでVRオナニーも最高なのですが、現在オキュラスゴーでNetflixで映画を楽しむ人が多いようですね!

一度オキュラスゴーを試してみて下さい!この良さを共感して貰えると思います。

ライター:【VR店長】

関連記事VRゴーグルランキング!アダルトVR初心者にオススメのVRゴーグルをご紹介

ピックアップ記事

  • VR_アダルト

    アダルトVRの事がすぐ分かる!仮想現実で最高のセックス体験をする為に知っておきたいこと

  • AVを引退する鳳かなめ

    プレステージ『鳳かなめ』突然のAV引退!凰かなめがAVを引退した本当の理由とは?

  • VRAV,ランキング

    【2018年最新】VRAV動画ランキング!VRのAVはどう変わったのか?今のVRAVの実態。

  • DMMの無料エロVR動画

    これがエロVRだ!初めてエロVR動画を体験して絶叫ww(無料動画有り)

  • 電動オナホおすすめランキング!VRと電動オナホの組み合わせで絶頂オナニー体験!

  • 水着,素人,ビキニ

    素人水着のエロ画像まとめ!!海やプールでは見られないお宝エロ画像をこっそり公開しちゃいますw

関連記事

  • 【VR-1グランプリ作品レビュー】どこを向いても裸の美女だらけ!AV史上初!360°3D映像!極上美女14人に囲まれ前後左右全てから責められる超高刺激!今まで体験したことのない究極ハーレムSEX!

  • 江上しほ

    有名ソープ出身!?DMM女優単体エロVR作品で1位『江上しほ』

  • VRカノジョがすごいと今でも話題に!?何故か公式サイトが見つからないVRエロゲーの人気作を徹底紹介!

  • VRchとは?FANZAが開始したVR動画見放題の月額サービスを徹底調査!!

  • 椎名そらのVRエロ動画まとめ10選!ショートカットの人気AV女優椎名そらと中出し体験!

  • ぽよパラにエロVR動画はある!?〜無料エロ動画サイトでエロVR動画を探してみた〜

This site is protected by wp-copyrightpro.com