1. TOP
  2. VR(バーチャル・リアリティ)とは

VR(バーチャル・リアリティ)とは

VRとは、「Virtual Reality(バーチャル・リアリティ)」の略称です。

日本語では「人口現実感」または「仮想現実」とも言います。

3DCGによる仮想空間をコンピューターで作成し、その3D仮想空間を、現実のように体験することを言います。

簡単に言うと、VRを体験するため機械を装着することによって、ゲームや映画などの仮想世界に行くことができるということです。

VRのハードは頭に被って装着する、ヘッドマウントディスプレイHMDまたはヘッドセットとも言いますが主流となっています。

一般向けだけでなく、アダルト向けにもVRの技術は活用されており、VRを通してエロゲームやアダルト動画などをよりリアルに体験し、新しい興奮を体験できるようになっています。

VRを始めている人、これから始めようと思いっている人、とりあえず興味がある人、そんな人々が求めるVR情報を紹介していきます。

VRヘッドセットの種類も価格帯も幅広く、

「あのVRヘッドセットの価格はいくらなのか?」

「同じようなVRヘッドセットとの価格の差があるのはなぜなのか?」

「どのVRヘッドセットが良いのか?」

「あのVRゲームはどうだったのか?」

「あのVRアダルトはどんな感じなのか?」

ありとあらゆる、ニュース口コミレビュー価格など最新のVR情報をお送りしていきます。

【どうしたらVRは体験できるの?】

イベントなどのアトラクションでVRを利用したものが多数行われています。

そこではガンダムのようなロボットのパイロットになってロボを操縦して戦ったり、

恐竜のようなモンスターと戦ったりと、夢にまでみた世界を体験することが出来ます。

また 一般家庭向けでも手に入る価格で発売されてことで、VRヘッドセットが一般家庭でもVRを体験出来る ようになりました。
そのため、今、飛躍的にVRへの注目が高まっています。
特に注目されている人気VRヘッド

「Playstation VR(プレイステーションVR/プレステVR)」

PlaystationVR(プレステVR/プレイステーションVR)価格

価格:44,980円

 

「Oculus rift(オキュラス リフト)」

oculus rift(オキュラス リフト)価格

価格:94,600円(日本への送料込み価格)

 

「HTC Vive(HTC バイブ)」

htcvive(HTC バイブ)価格

価格:111,999円

 

の3つです。
これらのVRヘッドセットはゲーム機やPCなどと合わせて使用することによって3DによるVRの世界を家庭で楽しむことができます。
上記のような高価格なハード以外にも、スマートフォンを利用したVRヘッドセットやアプリなども低価格で発売されており、より身近に体験できるようになってきています。

【家庭用のVRヘッドセットはどれくらいの価格で買えるの?】

2016年はVR元年といわれるほど、様々なVRヘッドセットが続々と発売されています。

ヘッドセットの種類に合わせて、その価格帯も低価格のものから高価格のものまで、幅広い価格で発売されています。
ここでは前述にも記載した、人気のVRヘッドセット3つの価格などを簡単に紹介します。

Playstation VR(プレイステーション VR/プレステ VR)

・対応ハード:Playstation4(プレイステーション4/プレステ4)

・価格:44,980円

・発売日:2016年10月予定

その名の通り、Playstationゲーム向けのVRセット。

ヘッドマウント型のVRセット。

PlayStation VR対応のゲームも続々リリース予定。

PCで使用できるかどうかの互換性は今のところは無いようです

引用元:youtube

Oculus rift(オキュラス リフト)

・対応ハード:PC

・価格:94,600円(日本への送料込み価格)

・発売日:2016年3月28日

PCで使用できるVRヘッドセット。

VRヘッドセット以外に、外部センサーと、Xbox oneのコントローラーが付属します。

Xbox oneのコントローラーが付属しますが、Xbox one本体との互換性は今のところ無いようです。

Oculus rift(オキュラス リフト)リリース合わせてゲームも発売され、今後も続々と発売予定です。

またPCとXbox one本体があれば、Oculus rift(オキュラス リフト)でXbox oneのゲームも出来るみたいです。

日本向けにも発売してますが、海外製品となるので、基本的にはネット通販での購入となっているみたいです。

今後、より体感的にVRを体験するために、VRハンドコントローラーの発売も予定されているようです。

引用元:youtube

 HTC Vive(HTC バイブ)

・対応ハード:PC

・価格:111,999円

・発売日:2016年4月5日

PCで使用できるVRヘッドセット。

VRヘッドセット以外に、ハンドコントローラー2つと、センサー2つが入ってます。

このセンサーが他のVRヘッドセットと違う部分で、このセンサーを部屋に設置することで、その部屋全体が

3Dを利用したVR世界に変わります。

全身を動かして体感できるため、よりリアルなVR世界を楽しむことができます。

VRヘッドセットのなかでは一番の高価格です。しかし価格以上に深くVR世界を楽しめむことが出来るでしょう。

もちろん、HTC Vive(HTC バイブ)を最大限楽しめるゲームなどもすでに発売済で今後も続々と発売予定です。

引用元:youtube

 

上記3つを見てわかる通り、最新技術ということもあり、家庭用といっても、まだまだ高価格ですね。

また、VRヘッドによって、出来るゲームや対応ハードが変わってくるので、しっかりと比較する必要がありますね。

【もっと低価格でVRを家庭で体験できないの?】

VRを楽しんでみたいけど、Playstatin VR(プレイステーション VR/プレステVR)などは高価格で手が出しづらいと考えている人も少なくないと思います。

ですが、安心してください。低価格でもVRを家庭で体験することができます。

スマートフォンを利用したスマホ用VRヘッドセット低価格で販売されています。一番低価格で1000円程からVRを体験することが出来ます。

VRヘッドセットのゴーグル部分にアプリをインストールしたスマートフォンを設置し、そのVRヘッドセットを装着することによって、簡単かつ低価格でスマートフォンでVR体験することが出来ます。

 

【スマートフォン用VRは通常VRと比べて、なぜそんなに低価格でVRを利用できるの?】

なぜこんなに低価格からVR可能なのかというと、まず一番大きな理由としては、スマホ用VRヘッドセットはゴーグル(モニター)部分をスマートフォンにすることでVRの映像、音響など、ほぼ全てのVR機能をスマートフォン性能で賄うためです

またもう一つの理由としてはgoogleから提供された、Google Cardboard というダンボール製のVRヘッドセットにより、ハコスコなど、ダンボール製の低価格なVRヘッドセットが発売されるようになったからです。

アプリに関しても無料のVRアプリも多いため、実質、スマホ用VRヘッドセットの価格のみでVRを体験することが出来ます。

そのため、スマホ用VRだと通常のVRと比較して、かなりの低価格で楽しむことができるのです。

しかし、先ほども記載した通り、ほぼ全てのVR機能をスマートフォンの性能に依存してしまうため、

通常のVRと比べると、価格が低い分どうしても、クオリティなどは下がってしまいます。

 

【VRってゲーム以外にはなにがあるの?】

VRはゲーム以外にもたくさんの媒体で利用ができます。

3Dゲームの世界に行くだけがVRではありません。

VRを活用することで、リアルな疑似体験を楽しむ ことができます。

世界の絶景を眺めたり、鳥になって大空を飛びまわったり、江戸の町に住んでみたり、

自宅に居ながらたくさんのことを疑似体験で楽しむことができます。

映画などにもVRは活用されています。

自宅のソファにー寝そべりながら、映画館で大迫力の映画を楽しんでいるような体験ができます。

もちろん、映画そのものの世界に入って楽しむことができるVR動画もあります。

ゲームで仮想空間を体験するだけでなく、実際の映像の中に入り込み、疑似体験が出来るのも、VRの魅力です。

これからは、教習所などのいろいろな訓練などにも活用されていくことでしょう。

 

【アダルト向けVRはどのようなものがあるの?】

VRは18禁のアダルト向け媒体にも取り入れられています。

実は人知れず、アダルト向けVRも通常のVRコンテンツと同じようにかなり発展してきています。

個人的にはVRはアダルトの方面では多種多様な発展をしていくのではないかと感じています。

アダルトVRもゲームと動画の両方でVRを楽しむことが出来ます。

エロゲームでは、VRを利用することによって、実際にそのエロゲーヒロインが自分の目の前にが存在し、

直接対話しているかのようなリアルな体験が楽しめます。

エロゲーなのでもちろん、ヒロインとのイチャイチャもよりリアルに体験出来ちゃいます。

「Oculus Rift(オキュラス リフト)」「HTC Vive(HTC バイブ)」などのVRハンドコントローラーと合わせて使えば、ヒロインに触れたり揉んだりがという行動が出来て、より体感的なリアルな興奮を楽しめます。

2016年4月1日のエイプリルフール企画で、大手PCソフトメーカー「ILLUSION(イリュージョン)」が全身VRキットなるものを発表しました。

3Dのエロゲーと連動して、全身に装着したVR機器の数々で、本当にゲームの美少女に触れて

揉んでと、全身で体感できるというものです。まさに風俗いらずの夢のようなキットです。

エイプリルフールのネタ企画なので、実際にはこのキットは存在しておらず、発売はされませんが、

今後、このVRの技術が発展していけば、いつか必ず実現されると思います。

アダルト動画もまだ少ないですがVR向けのアダルトエロ動画の配信も開始されています。

普通にアダルト動画見るのと違い、で見ているような感覚でアダルト動画を体感できるので、普段とは違った新しい興奮が楽しめます。

スマホ対応のVRアダルトもあり、全年齢向けのVRと同様で、気軽に、低価格でVRアダルトを楽しむことが出来ます。

 

【まとめ】

夢にまで見た、誰もが待ち望んだ、未知の仮想世界へ行くことを実現するのが、このVR(バーチャル・リアリティ)というものです。

Playstation VR(プレイステーション VR/プレステ VR)などの家庭用VRヘッドセットやスマホ用VRヘッドセットが発売されたことにより、私たちの生活の身近な技術となりました。

今はまだ、コンテンツが少なかったり高価格ですが、これからの発展にあわせてコンテンツも増え、価格もより手頃な価格へと変化してくると思います。

VRとはゲーム動画アダルトなどすべての分野において今、注目の技術です。