1. TOP
  2. VRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)のお悩み解決│髪型、メガネ、化粧気になる情報をお届け

VRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)のお悩み解決│髪型、メガネ、化粧気になる情報をお届け

2016/07/05 VRハード情報 お悩み解決
この記事は約 8 分で読めます。
VR,ヘッドマウントディスプレイ,ヘッドセット,HMD

VRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)のお悩み解決!

VRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)Oculus rift(オキュラスリフト)の発売開始に、PlayStationVR(プレイステーションVR/プレステVR)の予約受付も開始され、VR(バーチャルリアリティ)の普及がどんどん進んで行っています。
スマホ向けなど、その他のVRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)なども量販店でも見かけるようになり、気になっている人も多くなってきていると思います。
しかし、VR(バーチャルリアリティ)を体験するにはVRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)を装着する必要があります。
ヘッドマウントというくらいですから、ゴーグルというよりヘルメットに近い形ですので、

「メガネをつけたまま出来るの?」

「髪型が崩れちゃうのでは?」

「化粧が崩れたり、VRヘッドセットに化粧が写っちゃうんじゃない?」

「衛生的に大丈夫なの?」

など、装着する際に不安や悩みを感じることも多くなってきていると思います。
そんなお悩みを解消できるように、VRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)についての不安要素をまとめてみました。

VRヘッドセットはメガネを装着していたままでも大丈夫?

メガネユーザーは特に気にしている部分だと思います。
PlayStationVR(PSVR)Oculus rift(オキュラスリフト)HTC Vine(HTC バイン)など、メガネを装着したままでプレイできるのかどうかが、不安になっている人も多いと思います。
体験会の参加やVRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)の購入もそこが気になって、尻込みしてしまっているかと思います。
そんな悩みを解消すべく眼鏡でもプレイ可能か簡単にまとめてみました。

PlayStationVR(PSVR)

PlaystationVR(プレステVR/プレイステーションVR),PSVR

メガネを装着したままでも問題なく使用できるみたいです。
体験会に参加された方々の話を聞く限りでは特に苦は無く快適にVR(バーチャルリアリティ)体験が出来ていいるようです。
PlayStationVR(プレイステーションVR/プレステVR)の公式サイトでもメガネを装着したままでもプレイ可能と公開されています。

Oculsu rift(オキュラス リフト)

oculus,rift,オキュラス,リフト

公式では幅142mm高さ50mm」以内のメガネであればメガネのままでもプレイ可能としています。
しかし実際に使用した人の話によると、メガネのままだとちょっと厳しいところがあるようです。
上記の推奨サイズであっても、そのままの装着は難しく、ちょっとしたコツが必要なようです。
まずメガネを外して、メガネをゴーグル部分にはめ込みます。
そして、そのままゴーグル部にはめ込んだメガネをつけるようにVRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)を装着すれば、上手くメガネをつけた状態で装着できるみたいです。
メガネユーザーの筆者も何度か装着しましたが、うまく装着できれば問題なくVR(バーチャルリアリティ)を体験できるのですが、やはり少しキツめでメガネのフレームがゆがんでしまうのでは無いかとという不安は感じました。
Oculus rift(オキュラスリフト)を楽しみたい方は、コンタクトレンズにするか、推奨サイズより小さめの専用のメガネを作るしか無いかと思います。

HTC Vine(HTV バイン)

HTC,Vine,バイン

こちらもメガネを装着したままでもプレイが可能なようです。
Oculsu rift(オキュラスリフト)程の窮屈さもなく、問題なくプレイが出来るようです。
体験した方のお話によると、若干鼻が高い人は窮屈さを感じるかもしれないとのことでした。
ただ、HTC Vine(HTCバイン)は身体を動かすコンテンツが多いので、全身を動かしていれ、あまり気にならなくなるらしいです。

 

以上のように、メガネユーザーの快適具合で考えると、PlayStationVR(プレイステーションVR/プレステVR)が一番メガネでも快適だということになりました。
紹介しきれなかったスマホ向けVRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)でもメガネ対応のものがありますが、普通よりもちょっと小さめの縁メガネではない、フレームタイプのメガネの方が快適に出来る事が多いようです。
最近はメガネも安価で購入出来ますので、予備を兼ねて、VR(バーチャルリアリティ)用で1つ持っておくのも良いかもしれないですね。

気になる髪型(ヘアスタイル)

次に誰もが気になるのは髪型(ヘアスタイル)が乱れてしまうのではないかという部分だと思います。
特に様々なゲームや映像体験で、VRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)が簡単に外れてしまわないように、しっかりと固定されるように出来ています。
装着する時もですが、VRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)を外す時などにも髪型が大きく崩れてしまうこともあるでしょう。
また、PlayStationVR(プレイステーションVR/プレステVR)の場合、後頭部のバンド部分に「トラッキングライト」という、動きを感知するセンサーがあるので、このセンサーを覆ってしまうと、正常にPlayStationVR(プレイステーションVR/プレステVR)が動作しないことがあるようです。

どのような髪型が良いのか?

やはり、VRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)をかぶるので、ダウンスタイルなどの髪型にする方がいいでしょう。
また、大きなヘアアクセサリーなどは、VRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ)装着時に外すこととなる可能性が大きいのでなるべく付けないほうが良いかもしれません。

「CARE AOYAMA」の渡辺義明さんが紹介するおすすめのヘアスタイル

【5分で簡単に出来るハーフアップ】

【ヘアピン1本で出来るまとめ髪】

【簡単に出来るハーフアップ】


(参考サイト:http://www.moguravr.com/vr-make-up/)

VRヘッドセットによる化粧崩れ

髪型の次に気になってくるのが、女性の化粧崩れかと思います。
VR(バーチャルリアリティ)をしっかりと楽しむためには、没入感が大きく関わってきます。
没入感を強く得るためには、可能な限り外界を遮断する必要があります。
そのため、VRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)のゴーグル部分を隙間なく、密着させる必要があります。
密着部分はクッションになっているため、不快さを感じることはありません。
しかし、肌を密着させるため、女性の化粧崩れ、化粧写りが非常に気になってくる部分だと思います。
目の周りから、頬にかけて肌が触れてしまいます。

おすすめのメイク

肌が触れたりこすれたりしてしまうので、やはりナチュラルメイクが一番おすすめです。
あとは、こすれるだけでなく、意外と汗をかいてしまう場合もあるので、ファンデーションやチークなどを持参していた方がいいと思います。
つけまつげなども注意が必要です。
VRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)を外した際に、つけまつげが外れたりずれたりしてしまうことも考えられるからです。
化粧直しが発生する可能性を考えて、VR(バーチャルリアリティ)を体験する前に、化粧室の場所をチェックしておくのも重要かもしれませんね。
また、直接肌が触れないようにするための専用のマスク「ニンジャマスク」というものが発売されています。
これを装着して、VR(バーチャルリアリティ)を体験すれば、化粧写りだけでなく、衛生面に対しても効果的だと思います。

VRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)の衛生面

化粧崩れの部分でも記載した通り、VRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)は肌に密着します。
自分個人の持ち物であれば、あまり気にもならないですが、体験会やアトラクションとなると様々な不特定多数の人が触れているので衛生面はかなり気になると思います。

VRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ/HMD)の衛生対策

現在開催されている体験会やアトラクションでは体験前に「ニンジャマスク」などが配布されていることが多いですが、場所によっては配布されていないところもあります。
この「ニンジャマスク」ネット通販などで購入できるので、「ニンジャマスク」持参で体験会に参加することも可能です。
外だけでなく、家庭内のでも使用でき、そこまで高くないので買っておいて損はないと思います。

VR体験用アイマスク ニンジャマスク NINJA MASK 衛生布 Gear VR Oculus Rift PlayStation VR HTC Vive対応 (100枚セット)

新品価格
¥2,980から
(2016/7/5 10:58時点)

まとめ

いかがだったでしょうか?
お悩みは解消されたでしょうか?
VR(バーチャルリアリティ)を体験するにはちょっと手間な部分もあるかもしれませんが、それ以上にVR(バーチャルリアリティ)体験は未知の新しい興奮と楽しみを与えてくれます。
是非、より良いVR(バーチャルリアリティ)体験をお楽しみください。

FacebookでVR情報を毎日更新中!

Facebook

ライター紹介

VR通信編集部

VR通信編集部

VR用ヘッドセットの価格や情報、関連アプリの価格や情報、ゲームの価格や情報など幅広いVRの最新情報をお届け!

関連記事

  • VR,Aim,Contrlloer,エイム,コントローラー

    プレステVR対応ガンコン「Aim Controller(エイム コントローラー)」登場!

  • Virtuix,Omni,VR,歩行

    ゲームするだけでダイエット?!歩行型VR(バーチャルリアリティ)デバイス「Virtuix Omni」発売!価格など詳細情報紹介

  • スマホ,バッテリー,ポケモン,GO

    バッテリー対策でポケモンGOなどスマホでVRゲーム快適にプレイ!スマホのお悩み解決!

  • PayStation,VR,PSVR,プレイステーション,プレステ,店舗,予約.広島

    広島県で買える!PlayStationVR(プレステVR)予約取り扱い店舗紹介!

  • PlayStation,VR,PSVR,プレイステーション,プレステ,店舗,予約

    栃木県でPlayStationVR(PSVR)を予約(購入)出来る店舗情報まとめ!

  • PlaystationVR(プレイステーションVR/プレステVR)

    予約完売再び!PlayStationVR(プレステVR)を手に入れる裏技!