1. TOP
  2. VRで町おこし!「地域おこしVR研究会」が誕生!活動第1弾は島根県で開催!

VRで町おこし!「地域おこしVR研究会」が誕生!活動第1弾は島根県で開催!

2016/10/28 イベント情報 地域おこしVR研究会
この記事は約 3 分で読めます。

VRで町おこし!「地域おこしVR研究会」が発足!!

2016年10月26日に株式会社トルクスが株式会社ネットマーケティングジャパンと共同で「地域おこしVR研究会」の発足を発表しました。

「地域おこしVR研究会」とは?

「地域おこしVR研究会」とは地域の文化観光資源を生かすコンテンツをVRなどの最新技術を利用して企画、制作していく研究会のことです。
VRコンテンツなどによる体験会はもちろん、技術者やビジネス展開向けの勉強会なども開催していく予定とのことです。
すでに「地域おこしVR研究会」のFacebookページも用意されており興味のある人は自由に参加できるようになっています。

「地域おこしVR研究会」第1弾VRコンテンツ「トノサマxジャックス」体験会を島根県で開催!

「地域おこしVR研究会」発足の発表とともに、第1弾オリジナルVRコンテンツ「トノサマxジャックス」体験会開催の発表も行いました。
第1回目となる今回の体験会は島根県にて開催されます。

第1弾オリジナルVRコンテンツ「トノサマ×ジャックス」とは?

VR,地域おこし,島根,松江,体験

「地域おこしVR研究会」の体験会第1弾のオリジナルVRコンテンツ「トノサマxジャックス」は、松江駅周辺で開催されるイベント「松江ハロウィン」に合わせてつくられたVRコンテンツとなっています。
「トノサマ×ジャックス」前半はゲーム、後半は全天球動画となっており、全天球動画では島根の風景をVRの迫力ある映像で楽しめます。
「松江ハロウィン」は2016年10月30日に島根県松江駅周辺で開催で、「地域おこしVR研究会」のオリジナルVRコンテンツ「トノサマ×ジャック」は松江テルサにて13時〜18時の間で展示予定となっています。
(※対象年齢は13歳以上)

まとめ

今年はVR元年と言われる程、PlayStationVR(プレイステーションVR)の発売などのさまざまなVRコンテンツの登場により、VR技術が親しみやすいものとなりました。
様々な企業がVRを取り入れいるなか、地域おこしのためにVRを利用するというのは良いかもしれませんね。
最近は360°VR映像による観光の疑似体験などが増えてきています。
VRで実際に行ってみないと分からないような魅力を伝え、少しでも地域おこしにつながればいいですね。

参考サイト:「地域おこしVR研究会」発足とVRコンテンツ体験会のお知らせ

FacebookでVR情報を毎日更新中!

VR通信について

VR通信

VR通信

「VR通信」はVR(バーチャルリアリティ)のゲーム、動画、VRヘッドセットなどVR関連の最新情報から関連グッズまで幅広いVR最新情報をお届けするVR情報サイトです。

関連記事

  • 「刀剣乱舞」三日月宗近のVR(バーチャルリアリティ)体験が出来るコンテンツが「東京ゲームショウ」に登場!

  • PlayStationVR(プレステVR)全面協力!『ほん怖プレゼンツ「乃木坂46 VRホラーハウス」』開催!

  • 【速報】「アダルトVRフェスタ02」&「アダルトVR交流会」が開催決定!

  • 女性歓喜!スマホアプリ「スイートルームで悪戯なキス」のイケメンによる「VR椅子ドン」が東京ゲームショウに登場!

  • 日本初!「アダルトVRフェスタ01」開催決定!アダルトVRをイベントで体験!!

  • ボトムズに続き、VR ZONE Project i Canに「ガンダム」の新VRアトラクションが登場!