1. TOP
  2. 「バットマン アーカム VR」詳細情報!│注目のPlayStationVR(PSVR)ローンチタイトル!

「バットマン アーカム VR」詳細情報!│注目のPlayStationVR(PSVR)ローンチタイトル!

2016/06/30 Playstation VR情報 アドベンチャー(PSVR)
この記事は約 6 分で読めます。
バットマン,アーカム,VR,PSVR,プレイステーション,プレステ,PlayStation

注目のPSVRゲーム「バットマン:アーカム VR」

「バットマン:アーカム VR」はPlayStationVR(プレイステーションVR/プレステVR)のローンチタイトルとして、注目を集めているゲームタイトルの1つです。
国内外で高い評価を得ているPSゲーム「バットマン:アーカム」シリーズRocksteady Studiosが開発を直接手掛けいるこもあり、注目を集めています。

『バットマン:アーカム VR』トレーラー(引用元:youtube)

PS4「バットマンアーカムナイト CM(引用元:youtube)

「バットマン:アーカム VR」レビュー!

アメリカ・ロサンゼルスで開催された、ゲーム見本市「E3 2016」のPlayStation(プレイステーション)ブースにて、試遊台が多数設置されていました。
出展されていた試遊台のデモは、
バットマンへの変身を最初から体験できるパートと、
事件の捜査を行なう探偵パート
の2種類でした。

バットマンへの変身体験

バットマンへの変身体験は、ゲーム導入部分にあたるシーンです。
バットマンこと、ブルースの豪邸地下秘密基地での変身(コスチュームチェンジ)を体験できるというものです。
まず執事のアルフレッドから鍵を貰います。
その鍵でピアノの蓋を開け、鍵盤を叩くと、秘密基地に続く地下エレベーターが起動します。
秘密基地に到着するとマシンによってバットマンスーツなど、バットマンに変身(コスチュームチェンジ)するためのアイテムが差し出されます。
その一つ一つのアイテムを装着し、バットマンに変身(コスチュームチェンジ)していくのです。
この変身(コスチュームチェンジ)体験はPlayStationVR(プレイステーションVR/プレステVR)の他にPlayStation Move モーションコントローラー使用します。
PlayStation Move モーションコントローラーを両手に見立てることで、
「バットスーツを着る」
「グローブをはめる」
「ヘルメットをかぶる」
「グラップルガンを腰のホルスターに収める」
などの動作を操作することができ、それらを行っていくうちに、本当に自分がバットマンに変身(コスチュームチェンジ)していくかのような感覚を味わえます。
チュートリアルではバッドラング(バットマンマークの形をした手裏剣)を投げて的に当てるなどの体験が出来ます。
手首をひねる動作でバットラングが飛んでいき、映画シーンのように的に命中します。
バットマンへの変身(コスチュームチェンジ)を省略せずに、体験出来るようにしたのは、VR(バーチャルリアリティ)ならではだと思いました。
VR(バーチャルリアリティ)で本当に自分自身が変身(コスチュームチェンジ)しているように体験できるからこそ、楽しいのだと思います。
通常のゲームでいちいち、着たり、はめたりを操作していたら、ここまでは楽しいとは感じないでしょう。

事件を捜査して謎を解く:探偵パート

バットマン変身(コスチュームチェンジ)以外でゲームを体験出来る探偵パートでは、ナイトウイング殺害現場で犯人の手掛かりを見つけることが目的となっています。
左腰のホルスターから変身パートで装着したスキャナーを掴んで取り出し現場検証をしていきます。
この掴んで取り出すの動作も全て、PlayStation Move モーションコントローラーを利用して行います。
このスキャナーを使用することで当時の様子をホログラム投影することができます。
手首を捻る向きで再生・逆再生も操作を行うことが可能で、ナイトウイングが襲われた状況を事細かに知ることができます。
またエリア内では3箇所の場所にワープすることができ、それぞれの場所から検証を行っていくことが可能です。
そこから、犯人への手がかりを探っていきます。
バットマンと聞くと格闘戦や肉弾戦といった、アクション性が高いイメージですしたのでこのような頭を使うゲームになっているのは意外でした。
思い返してみると、ただ戦うのでは無く、様々なツールを駆使して知的にヒーロー活動をしていましたね。

「究極のバットマン体験」をさらなる究極へ──。『バットマン:アーカム VR』開発スタッフインタビュー

2015年に発売されたPlayStation®4用ソフトウェア『バットマン:アーカム・ナイト』は、バットマンの活躍を体験できる「バットマン:アーカム」シリーズの最終章であり、”究極のバットマン体験”をテーマにした人気タイトルだ。
PS VRタイトルとして登場する『バットマン:アーカム VR』は、”究極のバットマン体験”をさらなる究極へ導くものだという。はたしてどのようなゲームになるのか、E3後の国内でのメディア向け体験会でRocksteady Studiosのブランド・マーケティング・プロデューサー Dax Ginn氏にお話をうかがった。
──PS VR対応の「バットマン:アーカム」シリーズ作品である本作は、どのような経緯で生まれたのでしょうか。
『バットマン:アーカム・ナイト』を制作したときに、これでバットマンのゲームはやりつくしたと感じていました。
しかし、SIEから提供してもらったPS VRを遊んでみたところ、もう1作やってみようという意欲がわいてきたのです。
VRの世界では、キャラクターやオブジェクトにディティールをもたらすために膨大な作業量が求められますが、最高のクオリティで実現できるよう、開発チーム一丸となってがんばってきました。
──今回のデモでは冒頭の一部を体験できましたが、最終的にどんなゲームとして楽しめますか?
これまでの「バットマン:アーカム」シリーズはバットマンのアクションを体験できるゲームでしたが、本作はさまざまな証拠を見つけて真相へとつなげていく、犯罪捜査の要素に絞ったミステリーゲームです。
今回のデモは導入部分だけですが、製品版ではひとつの完全なストーリーが描かれます。
──コスチュームやガジェットを含め、さまざまなものを手に取ることができてテンションが上がりました。バットマンのファンは、とても楽しめると思います。
見て触れそうなものを、すべて触れるようにすることが、我々Rocksteady Studiosが掲げたコンセプトです。
今回のデモでは、変身パートで見えるバットコンピュータに触ることができませんが、最終的にはすべてのコンソールに触れるようになります。
──本作でバットモービルに乗ることはできますか?
アクションゲームではないので、残念ながら見ることはできても乗れません。
しかし、PS VRによって、これまで以上の究極のバットマン体験を楽しんでもらえると思うので、ぜひ楽しみにしていてください。

引用元:https://goo.gl/7rvYfy

「バットマン:アーカム VR」製品情報

発売元:ワーナー ブラザース ジャパン合同会社
対応機種:PlayStationVR
ジャンル:アドベンチャー
発売日:2016年10月13日発売
価格:2678円(ダウンロード販売)

まとめ

「バットマン アーカム:VR」は今までの「バットマンアーカムナイト」のような激しいアクションゲームではありません。
しかし、VRぎじゅつによって自分自身がバットマンへ変身し、ゴッサムシティーを駆け回れる体験ができるのは、バットマンファンにとっては溜まらない体験でしょう。
バットマンファンにとっては是非ともプレイしたいゲームです。

FacebookでVR情報を毎日更新中!

Facebook

VR通信について

VR通信

VR通信

「VR通信」はVR(バーチャルリアリティ)のゲーム、動画、VRヘッドセットなどVR関連の最新情報から関連グッズまで幅広いVR最新情報をお届けするVR情報サイトです。

関連記事

  • VR,PSVR,PlayStation,プレステ,プレイステーション,山形

    山形県でPlayStationVR(PSVR)を予約(購入)出来る店舗情報まとめ!

  • PSVR

    ソニーストア「PlayStation VR(プレイステーションVR/プレステVR) 特別体験会&先行予約販売

  • プレステVRが1月26日に再販売

    プレステVR(PSVR)が1月26日より販売再開!即、バイオハザード7をVRで体験可能に!!

  • PlayStation,VR,PSVR,プレイステーション,プレステ,店舗,予約,茨城

    茨城県でPlayStationVR(PSVR)を予約(購入)出来る店舗情報まとめ!

  • 東京ゲームショウ,TGS,VR,PS,プレステ

    9月15日から開催!「東京ゲームショウ2016(TGS2016)」にてVR作品多数出展!!

  • psve

    Playstation VR(プレイステーション VR)東京ジョイポリス特別体験会に行って来た!